アスペルガー傾向の人のデート〜突然の予定変更への心構え〜

パニックになる男性

アスペルガー傾向のある人の中には,突然の予定変更が苦手なタイプが多くいます。

「いつもの決まりきったパターン」を忠実にこなすことが得意である一方で,予定が変わると落ち着かなかったりイライラしたりしてしまうようです。

しかし悲しいかな,女性とのデートに予定変更はつきもの。

ここでは,そうした突然の予定変更に備えての心構えと対応をご紹介したいと思います。

そもそも「予定は変わる」と心得る

「白クマ効果」というのをご存知でしょうか?

例えば「白クマ」という言葉や白クマにまつわるイメージなどを,「絶対に考えないようにしよう!」とすると余計に考えてしまう,というものです。

人間にはこうしたクセがあるので,予定変更が起こらないように完璧な計画を立てようと思えば思うほど,予定外の事態になった時の不快感等は大きくなります

 

そして,毎回完璧な計画を立てられる人などいません。

必ず予定外のことが時々は起こってしまうでしょう。

そのため,「完璧な計画を立てる」という方向で対策をするのはあまりオススメしません。

それにこだわるほど,予定外のことがドンドン苦しくなる(過敏になる)からです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

 

予定の第二,第三候補も考える

その話に移る前に,どうしても「完璧な計画を立てる」方向にこだわりたい人のためのポイントを示しておきましょう。

既にされているかもしれませんが,重要なポイントは以下の点です。

つまり,考えた予定のいくつかが上手くいかない時の第二,第三のアイディアも考えておくのです。

例えば,雨が降った時はどうするか?前の予定の時間が延びたらどうするか?といった問いの答えとなるプランを用意しておきます。

それによって,ちょっとくらい状況が変わっても自分の想定の範囲に収めることができます。

とはいえ,これも継続が大変ですので個人的にはオススメしませんが…。

 

「予定は変わるかも」という見通しを持っておくことが大事

結局のところ,「そもそも予定は変わるものだ」と事前に自分に言い聞かせておくことが一番と言わざるを得ません。

もちろん,この記事の後半ではそれ以外の対策もご紹介します。

ただしそれらは万能ではありません。

そのため出来ればこの原則も心に留めて,少しずつご自分を「予定変更に慣らせていく」という方向もお試しいただければと思います。

 

紙に書き出したり,自己暗示も活用

その際の方法として,「そんなの分かってはいるんだけど…」という方は以下の2つを試してみて下さい。

  1. 紙に書き出す方法
  2. 自己暗示を活用する

 

①紙に書き出す方法

ご存知の通り,アスペルガー傾向をお持ちの方にとって頭で分かっているだけの状態と,紙に書き出して目で見るのは効果が大きく違う場合があります。

大きな紙に予定は変わるもの。落ち着こう」などと書いて,玄関など目に入るところに貼っておくというのはどうでしょうか。

普段持ち歩く手帳の片隅に書いておいていざという時に見るのも良いかもしれません。

 

②自己暗示を活用する

また,自己暗示というのも意外と有効な場合があります。

何事においても,他人に言われてやらされるのと自分で決めるのでは受け止め方が違います

 

例えば「予定は変わるもの。落ち着こう」など,自分に合ったフレーズを考えましょう。

そして,実際にデートに出かける前などに3回声に出して唱えます

他人に言われて押し付けられたように感じていると上手くいかなくても,自分の言葉を自分の耳から聞くことによって実際の受け止め方が変わる場合があります。

 

実際の予定変更時の対応

あくまで第一には,これまでお伝えしたように事前の心構えが大切です。

しかし,それらは一朝一夕では上手く行かないこともありますし,最初はハードルが高いかもしれません。

そこで以下では,実際に予定変更が起こってしまった時の対応のヒントを整理しておきましょう。

 

深呼吸して耐えられるなら耐えてみる

まずは深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。

大きく鼻から息を吸って,ゆっくりと口から吐くのです。

先程の心構えと合わせて落ち着いたら対処できるようであればそれがまずは一番です。

むしろ徐々に慣れてくると,予定変更の不快感自体が減ってくるのを実感できるでしょう。

 

どうしても嫌な時は主張の仕方を工夫しよう

とはいえ,我慢し過ぎもいけません。

確かに,天候や事故などによる予定変更は諦めるよりないでしょう。しかし,お相手の気まぐれによるものなどであればやりようがあります。

例えば主張の仕方を工夫することで,相手との関係性を悪くせずに乗り切れるかもしれません。

その際のポイントは以下のとおり。

 

①相手の提案を褒める

例)「確かに◯◯良いね!面白そう!」

 

②今回は予定通りにしたいことを丁寧に伝える

例)「ただ,折角だから出来れば今回はやっぱり△△はどうかな?」(簡単に理由を添えても良い)

 

③「次の機会」を具体的に提案する

例)「代わりに,今度の金曜日に◯◯してみない?」

 

この3つの流れによって,相手の機嫌を損ねる可能性を大きく減らせます。

さらに③の次の機会を提案することで,自然と次のデートの約束を取り付けることまで出来るのです

 

相手が合わせてくれたら「ありがとう」を。

この提案でもし相手が了承してくれたなら是非「ありがとう」と伝えてみてください。

「そもそもそういう予定だったんだから」と思うかもしれませんが,伝えてみると得るものは大きいですよ!

あなたの評価が大きく向上するチャンスにすら成り得るかもしれません。

 

一回頼んでダメなら諦める

ただし,こうした工夫で丁寧に提案してみても相手が承知してくれない場合は,少なくともその場は諦めましょう

あまりしつこく追求しないほうがオススメです。わがままな男だと思われてしまうからです。

 

むしろ,あなたが嫌がっても予定変更ばかりする相手なのであれば,本当にその方がお相手で良いのかということを改めて考えた方が良いかもしれません。

そこに勝る魅力や尊敬できる点が「見た目」以外にあるなら良いのですが…。

それがないとなると,長期的につらくなるのはあなた自身かもしれません。

結局は,あなたが我慢する時と相手に配慮してくれる時のバランスだと思います。長期的に継続できるバランスを是非見つけていただければと思います。

 

まとめ

そもそも「予定は変わる」と心得る

  • 完璧な予定を立てようとするほどつらくなる
  • 事前に「予定は変わる」と心の構えを作ることが大事
  • 紙に書き出したり,自己暗示のように唱えると良い

 

実際の予定変更時の対応

  1. 深呼吸して耐えられるなら耐えてみる
  2. どうしても嫌な時は主張の仕方を工夫しよう
  3. 相手の意見の良さを認めた上で「次の機会」を提案する

・相手が合わせてくれたら「ありがとう」を。

・一回頼んでダメなら諦める

 

発達障害傾向者にもオススメの出会いアプリ!

アプリの出会いは最初がメールなので、落ち着いてゆっくりとやりとりをすることが出来るのがいいところ!

テンパったり、相手の意図を汲み取るのが困難でも、じっくりと時間をかけて自分をアピールできます。

中でもオススメはこちらです。

→ DaiGoさん監修の恋活アプリ『with(ウィズ)』を出会い厨アヤトがやってみた。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です